マイクラで仮想通貨や株のような取引システムが始まります

man10中央取引所:通称MCE(man10 central exchenge)がベータ公開されました。

現実世界の株や仮想通貨の取引所のようにマーケットがあり、取引したいアイテムの板を見て取引します。

取引には成り行き注文(なりゆきちゅうもん)と指値注文(さしねちゅうもん)があります。

成り行き注文

売買(ものを売ったり買ったり)する際に、値段を決めずに注文することを「成り行き注文」と言います。→値段を決めて注文するのは指値注文(さしねちゅうもん)
買うときは「成り行き買い」、売るときは「成り行き売り」になります。
成り行き買いでは、買いたいもの × 数を成り行きで買うといった場合、売られているものの中で安いほうから、決めた分を買っていきます。
成り行きの売りになればその逆で、売りたいもの × 数を成り行きで売ると、買い注文の中で高いほうから順に、決めた分を売っていきます。

指値注文

売買する際に、値段と個数を決めて注文することを、「指値注文」といいます。
買うときは「指値買い注文」、売るときは「指値売り注文」になります。
指値買い注文と指値売り注文が一致すれば取引が成立します。
また、指値注文がないと成り行き注文はできません。

例:粘土の売買~成り行きで売りたい場合~

  • 成り行きで売ることも買うこともできない場合(在庫なし・注文なし)

あなたは粘土を成り行きで売ろうと思いました。
しかし、今、粘土を値段を決めて売り出している人も買いたいと言っている人もいません(=指値での売り注文も買い注文も出ていない)
売っている人がいないので、「言い値で買う!」ということもできませんし、「買いたい!」という人がいないので、どんなに安くても売ることができません。

 

  • 成り行き注文と指値注文で出ている個数が同じかそれ以上の場合

しばらくして、粘土を指値で買い注文を出した人がいました。
どうやら、粘土を1個$150で128個買いたいようです($150で128個の指値買い注文が入りました!)

 

そこであなたは、粘土を64個成り行き売りすることにしました。
今はマーケットでは1個$150で128個まで買い取っています。
ですので、64個すべて売ることに成功しました!
$150 × 64個=$9600もうけることができました。
指値で売り注文が入っていて、あなたが買いたい場合はこの逆になります。

 

  • 成り行き注文の数が指値注文をいくつかまたぐ場合

何日かして、もう一度粘土のマーケットを見てみました。
すると今日は$200で48個の指値買い注文と、$150で32個の指値買い注文が入っていました。

そこであなたはまた粘土を売ろうと思い、成り行きで64個売りました。
この場合、64個のうち、48個は$200で売れ、残りの16個は$150で売れることになります。
ですので、同じ64個すべてを売ること成功しましたが、$200 × 48個+$150 × 16個=$12000もうけることになりました。
指値で買い注文が入っていて、あなたが売りたい場合はやはりこの逆になります。

このように、成り行き注文では、同じ個数を売ったり買ったりしたとしても、そのときのマーケットの指値の注文の数や値段によっては、値段や売ったり買ったりできる数が変わってきます。