spigotプラグイン講座3-4(パスワードを作ろう)

どうも! プラグインティーチャー、Mr_IKです!
初心者向けマイクラspigotプラグイン講座、第三回(4限目)始めます!

前回、ブロックの破壊をキャンセルするプラグインを作りましたね。
今回はその続きからです。

第三回すべてのメニュー

  • コマンドを打ったらメッセージを送信 done
  • コマンドを打ったら全体にメッセージを送信 done
  • OP以外のブロックの破壊をすべてキャンセル done
  • パスワードを入力したらOPになれるコマンド ←今回はこれ
  • [おまけ]経済との連携

パスワードを入力したらOPになれるコマンド

実は、”コマンドを打ったらメッセージを送信”と”コマンドを打ったら全体にメッセージを送信”の
2つをやって、少しだけ改造すれば 意外とすぐできちゃいますよ。

前回のプロジェクトを開きましょう。

https://gyazo.com/2e26b7fee514d2d8c5760d8c71b0cc55

このonCommandですが、真ん中ぐらいにある

if(args.length == 0){
return true;
}

if(args.length == 0){
return true;
}else if(args.length == 2 && args[0].equalsIgnoreCase(“getop”)){
//ここに3-4のコードを書く
}

に変更してください。

これができたら、//ここに3-4のコードを書く の下に以下のコードをコピペしてください

if(args[1].equalsIgnoreCase(“password”)){
p.setOp(true);
p.sendMessage(“§a§lパスワード認証!OPになりました!”);
return true;
}
p.sendMessage(“§c§lパスワード認証失敗!OPになれませんでした!”);
return true;

はい、このコードは args[1]、つまり /test 1 2 の 2の部分が “password”という文なら
OPを与える というコードです。
“password” の部分はみなさんの好きなように変えてください!

この時点で、下の写真のようになってればOKです。
https://gyazo.com/c5c4df31ad2a071598b754812cef3bb4

で、コピペと変更が終わったら ビルドし、pluginsフォルダに入れてサーバーをreload・再起動してください

それが終わったら /test getop (自分で決めたパスワード 元々のままならpassword)

で、OPを手に入れられます。
間違えた文を打つと、OPになれなかった という文が出てくるでしょう?

これで、無事OPゲットパスワードコマンドができました。

第三回、これにておまけ以外は終了です。
お疲れさまでした。

次回はおまけとして経済との連携をお教えします。
乞うご期待。

コメントする